スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

フラッグその8 仮組み終了・改造備忘録

昨日の段階で全体の9割は完成していましたが今日残りの腰の小型エンジンを組み立てて仮組み終了。
写真を撮ろうと思ったらいきなり相棒の黒江さんが空腹で倒れてしまった(充電切れ)ので致し方なくiPhoneで撮影。

IMG_6807frag.jpg

ジャーン!カッコいい!
実は昨日の時点でほぼ完成していたにもかかわらず各関節がABSなので今後のヘタリが怖くて組んでなかったんですよ。でも全体のプロポーションが見たかったので組んじゃいました。

プロポーションは特にいじる必要はありませんね。脚部の延長をしても全体のバランスが破綻するだけです。
でもあと一二ミリ長くしても良いかも(どっちや!)。いじっていく中で考えます。

IMG_frag0073.jpg

美しい後ろ姿を捉えたつもりが背景にピントが合っているという罠。
気付いた方も多いと思いますが小物に統一感が全く見られませんwミッキーのパンプキンにニルヴァーシュtype0(セブンスウェルカラー)、アスランとイージス、ジジ等々。

ちなみに二枚目にこっそり映っているのが……↓


IMG_4440.jpg

サキエルペン立て!中学生のころ作りました。真鍮削り出し。作りは粗いですが当時は頑張ってました。まあそれは良しとして本題のフラッグですよね。

IMG_5249frag.jpg

横から見た姿。この角度が好きです。
バストアップしつつ気持ち前方に尖らせてもカッコいいかも。

IMG_3658.jpg

脚部は驚異の可動性!これは脚部の付け根の軸に秘密があります。

IMG_8930.jpg

普通股関節はT字のパーツ(雄)を左右の足(雌)で挟み込むように出来ていますがこのキットは軸からL字のパーツが伸びていてそのL字の先にボールがついているんですね。
従来のパーツ構成ではTの棒と棒の間に脚を入れていたわけですがフラッグは直線(ー)のパーツを軸にそこからL字の別の軸を出すという構成にしていると。
この直線状の軸にはサブエンジンの稼働も司る役割があります。これは凄い発想だ……

更に驚くべきは太ももの真後ろに穴のあいている構造にもかかわわらず左右ばかりか前後にも広い可動範囲を持つという点。

太ももにつながるL字軸は円柱状の直線軸に繋がっているためL字の軸が前後に振れるようになっているんですよ。今日はfgを見ていて関節技のボールジョイントを改造した「Lボール」というものを見ましたが可動を考える人ってすごいと思います。

IMG_7544.jpg

変形!フラッグと言えば変形ですよねb
ちなみにスタンドは100円均一のメモスタンド。根本と中間にボールジョイントを持ち、自由度の高い展示が出来る素敵グッズです。この程度の重さなら耐えられます。

IMG_7923.jpg

細い機体ながら変形すると脚部とライフル以外が一点に集中するのでそこの密度感が上がります。たまりませんなぁ……

IMG_0878.jpg

フライトポジション!もう何も言うまい。カッコいい……

IMG_7709.jpg

高速飛行モード。X状になるウイングの格好良いこと格好良いこと……21世紀のXウイング!←違


とりあえず備忘録として思ったことを。

・足首の関節。
すねパーツ側のボールに対して受けの足首側は円柱状の穴なんですよね。これで疑似ボールジョイントとして機能します。機構は単純ながらこれもなかなか見ないアイディアです。完全なボールジョイントと比べてボール部に触れる部分は少ないですがABSの粘りのお陰でかなり強度があります。と言うより硬すぎます。このままじゃキツ過ぎて捻った時に軸がもげそう……似た形状のパーツがPCであったと思うので探してみよう。

・股関節のフロントアーマー
飛行形態の写真を見て気付いたがここだけデザイン的に浮いてしまっています……
本体に近づける、また少し長くするなどで見栄えを良くしたいところ。

・ふくらはぎ
ボリュームが足りない。パテ工作の練習も兼ねて手を加える。

・すね
ただの棒なのが気に入らず、ふくらはぎから足先に向かって先細りになっていくようにしたいと思っていたが立体物を見たら気にならなくなった。恐るべしフラッグの魅力!

・すねと腕
開閉仕込みたい(技術的な問題が……)。

・肩
簡単に外れる現状を打開せねば。

・ウイング
斜めに出来るようにしたい。



こんなところです。まぁテスト後にはなりますが。早くテスト終わってくれ><

フラッグその7 堪忍袋の緒が切れた!

進捗はこの間触ったところまで。この間っていつだっけ?

RIMG1119.jpg

仮組してみようと言うことでバリも残したままパチ組。腕もキッチリと造形されていて宜しいですなぁ^^
初めは興味もなかったOO。初めてフラッグを見たときの感想は「何この細い蚊トンボ?」で一蹴。次にわりとじっくり見たときは「手ぇデカッ!!」でしたw
どれくらい大きいのか。あいにくOOのガンダム系は積んではいても組んではいないので比較ができません。
ここはHGUCヘイズルさん(の手)にお越しいただきました。






RIMG1120.jpg

大きさの違いが伝わらないorz
ヘイズルの手の方が手前にあるので大きく見える……何故写真撮る時に気付かなかったんだorz

RIMG1122.jpg

気を取り直してもう一枚。左からリックディアス・フラッグ・ヘイズル。標準サイズのガンダムタイプのハンドパーツと重モビルスーツに分類され、各部が色々と大きいリックディアスの中間的なサイズです。
リックディアスはシルエットそのものが太いので気になりませんがフラッグは細身のMSなので大きな手が目立ちますね。
ちなみにこのフラッグのハンドパーツは非常に面白い着き方をしています。

RIMG1125.jpg

リックディアスはバリなどが酷いですがご勘弁を(^_^;)なんせ幼稚園のころにウイングガンダム0を作って以来のガンプラだったもので。
普通のガンプラはハンドパーツ側にボールジョイント(BJ)のボール側があり、腕にはそれを受けるPCがあるのが常ですがご覧の通りフラッグの腕は乙女のように細いのでBJの受けを内蔵するようなスペースがありません。故に腕の側にBJのボールがあり、手の側にはその受けがあるのですね。
もしかしたら異様に大きいフラッグの手のデザインはこの為?玩具展開は見越していることでしょうからあり得ますね。

さて、12日の記事の最後に書いた僕のフラッグへの思いを裏切られた原因をここに明かします。


RIMG1126.jpg
組んでみました。

上半身の変形ギミックを試してみたんですがロック機構(フライトポジション=飛行形態では首が陥没するがMS形態では首が下がらないようになっている)がなかなか気に入りました。
それで揚々と元に戻そうとしてみたわけですが……「あれ?頭が戻らない(・_・;」
キツキツで戻らないんです!!
なんとか戻そうと引っ張ってみたところ耳は取れるしヘルメットは取れるしで最悪……

でもまぁそんなものは干渉しあってる部分を削ってあげれば良いので問題ないんですよ。

僕が一番ダメだと思ったのは肩関節です。
なんですかこの弱さは?これには我慢弱い乙女座のあのお方の堪忍袋の緒が切れます。
いやね、ふつーにアクションさせる分にはそれほど困らないんですよ。でもフラッグのキットの醍醐味は変形なわけで……
このグラハム専用ユニオンフラッグカスタムはもちろんその変形機構を有するわけですが、フライトポジションへの変形の際肩の軸を引きだす方式になっているんですね。
なので肩の関節軸を引き出そうとしたらやすやすと抜けてしまいます。
両肩共に。ダメだこりゃと言うことで一気に冷めました。変形というその機体のアイデンティティの根幹をなしていると言ってもいいギミックを蔑ろにしているバンダイに対して。
まあそこは改造しろよってことなのかもしれませんけど子供はそんなことできるはずがありません。対象年齢は8歳以上となっていますがその子たちが出来るとでも?
先日シュウヤマさんが「HGフラッグはポロポロいくよー(^_^;)」と言っていましたがまさかここまでとは……
簡単仕上げのつもりだったのにフラッグ愛が爆発して案外手を加えている今作。変形はオミットしようかと言う考えも頭をよぎったのですが出来る限りのことをしようと思います。
文句を言うだけで実力がつけば苦労しませんからね。不満点は自分で直す。

この失敗がHGイナクトや1/100オーバーフラッグでは改善されていることを願います。

まぁイナクトは買う気ないんですけどね。1/100フラッグはグラハム機の他にGNフラッグ、マスラオorスサノオ、一般機、ブレイブ、劇場版刹那機の改造素体に6個ほしいw
まあそこまでの腕は無いんですがね。でも腕がないなら実力をつければ良いわけで。精進してまいります。

俺、テスト終わったら存分に改造するんだ……

フラッグその6 エンジン

こまごまと手を加えているフラッグ。今日は昨日撮り貯めた写真から。

RIMG1115.jpg

エンジンブロックです。
吸気と排気のに使われる面以外の四つの面はそれぞれしっかりとヤスリをかけてあります。
そしてそれらの四つの面を繋ぐように45°の角度で面を整えてあります。面の大きさに差がありますが都合八角形となっています。
そのエンジン部の面取りですが左右で変えているのがわかりますかね?

RIMG1117.jpg

こちらは先に手を加えた右側。
ジェットを噴出する面の端を見てもらえばわかると思いますがこの面のエッヂも正面から見ると八角形になっています。
これでも良いんですが何かがダメだと僕に語りかけて来ます……

RIMG1116.jpg

それで試しにやってみたのがこの左側のエンジンブロック。
噴出口のエッヂは四角形になっています。
こちらのほうがエッヂがピシッと決まってカッコ良くないですか!?

気にいったので右エンジンブロックも同じように整面しなおします。
今度はATさんに教えて頂いた自家製パテを使おうか知らん。

RIMG1118.jpg

左右のエンジンブロックを繋ぐホームベース型のパーツも面出し。
裏面もこのように角度をつけてますが先端部の頂点が上手く揃ってません……(言葉で説明しづらいですね(^_^;写真で確認してみてください)写真は無いですが表面の面出しも納得出来ない……
やり直すのも手なんですがある理由からこのパーツはオミットしても良いかもしれません。

フラッグその5 仮組み

改造初心者の僕は経験も何も無いので組み立て方のプロセスも全然決まっていません。
とりあえず全体のバランスを見るために皆さん仮組みというのをするようなので僕もそれに倣って仮組みしてみました。

RIMG1108.jpg

こんな風にピンを切ったりピンを受ける穴をピンバイスで広げてみたり。

RIMG1109.jpg

ドラム状のブロックに備えられている小火器はピンバイスで深目に掘ってありますがこれは後ほど真鍮パイプでディテールアップします。

それでこれが……

RIMG1110.jpg

こうなると。

うを!カッコ良い!
胸部ブロックの中央及び胸部左右の白いパーツ、そして白いパーツの上の面はキッチリ面出しをしているので鋭い印象になっているぜ!という自画自賛。

RIMG1111.jpg

横からみると加工した頭部の耳(?)と首横のフィンに施した加工が威力を発揮。「この風、この鋭さこそ戦争よ。」←違

これだけ鋭いとGNフィールドも突破出来そうです。
それにしても似たような形状で韻を踏むように配置されたフィンが格好良いです^^

RIMG1112.jpg

斜め前方から。うーん暗い……バイザーの内部にはまだシールを貼ってないんですがキラリと光るともっと格好良くなりそう。

RIMG1114.jpg

見にくいですが僕の爪の先にも小さい突起が。もちろんシャープ化してあります。

RIMG1113.jpg

この小さい突起は胸ブロック後部のパーツの一部なんですが前部パーツと合わせた時四角い形状の前部パーツと尖らせた突起部が上手く調和が取れていないんじゃないかと思っていました。そのため前部パーツにパテを盛り、この小さいフィンと形を合わせて前方に向かって細くなっていく形状にするつもりでしたが、首横のフィンも前方が絶壁になっているので合わせて見てみるとあまり違和感がないですね。
このままで行こうかと思います。

この角度から見るとフィン(小)・フィン(大)・耳(?)の三つが上手く調和していますね。
三段活用みたいです。

細部を見れば見るほどフラッグを好きになります……この気持ち、まさしく愛だ!

「♪My dream your smile 忘れようとすればする程好きになる♪」……僕が一番歌姫という言葉が似合うと思う女性シンガー、ZARDの『心を開いて』という曲の一節です。
フレーズが似ていたので引用してみました。特に意味はありませんw

さて僕がゾッコンのフラッグですが百年の恋も一気に冷める出来事が……真相は二日後くらいに明らかにします。それでは。

フラッグその4

今日は勉強するつもりが全くやってないという……
中学のころお世話になっていたおばちゃんの家にお邪魔してまいりました。
自宅で英語を教えている先生で、その先生のお陰で苦手になりかけていた英語が得意科目になりました。
毎年クリスマスには英語で劇をやるというなかなかユニークな催しのおかげで舞台度胸も身につきました。
僕は通い始めたのが遅かったため中学の二年間だけでしたが弟は五年通ったので二人で七年間お世話になりました。本日は新年の挨拶で伺ったのですがお変わりないようでした。

娘さんは結婚なさったばかりで今日は初めて赤ちゃんと会いました。目がクリクリであちこち動き回っていて本当に可愛い!!たっぷり癒されました(^ω^)


さて話は変わってここから先はフラッグの話題。
昨日ラーメン屋から帰ってきてから手をつけました。

RIMG1104.jpg

頭部側面のパーツ。右がタガネで彫ったものです。長方形のモールドの深さが雲泥の差ですよね!(写真で見ると長方形ですが実物は0.4mm×1.1mm程度です。)
写真手前の5角形のモールドは完全に手を加えたのが仇になりました。このモールドは埋めることにorz
そして先端が丸まっていて非常にダサいので尖らせることに。ヤスリをかけて形状を合わせようとするとどうしても短くなってしまうので一度先端部を平たくし、黒瞬着→硬化スプレー→黒瞬着→硬化スプレー→黒瞬着……の順で黒瞬着を盛ってからヤスリをかけることに。

しかし削っている内に瞬着部が取れてしまいましたorz

RIMG1105.jpg

仕方がないので短くなるのを我慢してヤスリがけ。右側がヤスリかけ後です。ピンと尖って格好良いです^^
左は無残にも先端を削られたパーツ。
短くなるのを嫌ってわざわざ一度削って瞬着を盛ったのに……先端を削った分だけ加工前より短くなってしまったという皮肉です。
しかもアルテコの硬化スプレーは糊のようにベタつくスプレーなので右側のパーツの丸い部分に思い切りのりが残っているという……こういうのを世間だと踏んだり蹴ったりと言います。

RIMG1106.jpg

別の角度から。尖るように削ってから画像の下の面も段差を設けています。偶然ですが説明書の矢印の延長線上の面です。分かりにくくてごめんなさいf(^_^;)

RIMG1107.jpg

これはリニアライフルに本来は無い部分に段落ちモールドがあるのでそれを0.3mmプラ版で埋めたところ。これからヤスリがけですね。

実は僕、この面が下だと思っていたんですがパッケージアートを見る限り上のようですね……記事を書いていて気がつきましたf(^_^;)
僕好みに逆に取り付けられるか試してみます♪

 

Template Designed by めもらんだむ RSS
special thanks: Sky Ruins DW99 : aqua_3cpl Customized Version】


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。