HOME>スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
HOME>ゾイド雑記

リボルテック(追記あり)

リボルテックジェノブレイカー、知らぬ間に発売されてたようですね。

サバーニャ、ハルート、ジオ、ジム改とこの頃はガンプラが知らぬ間に発売されていることはよくあったのですがゾイドまで発売日を抑えていないとは。



リボブレード欲しかったけどお金なかったしなー。

ブレードはキャノピーの大きさと開閉しないこと、クリアーでないことくらいしか不満はありませんでしたがジェノブレイカーはレーザーチャージングブレードとウエポンバインダーが非可動な点が大きなマイナスポイントですねー。

コトブキヤのジェノのバランスにも違和感があるのに、リボブレイカーは更に細身にみえます。

仮にもティラノサウルスがモチーフなんだからもっとがっちりしてた方がかっこ良いと思うんだけどなぁ……

何にも増して気になったのが目の大きさ。



少し大きすぎないか?

デスザウラーもそうですが、細い一本線の目と言うのが彼らのキャラクターの中で溜まらなく恐怖感を煽る一要素だと思うんですよね。

虐殺竜の目はもっと細くあって欲しい。




まぁトミー(今はタカラトミーですが)が休止してる中本家以外がゾイドをシリーズ化してリリース(リボはシリーズ化するか未定ですが)してくれるだけで喜ばしいものなんですけどね。

長い歴史をもつゾイドだけに、ファン一人一人がゾイドというコンテンツやゾイド一つ一つに対する思い入れも解釈も違う。

なので全てのゾイダーに受け入れられるものを作るのはほぼ不可能に近いと思います。
そんな難しいコンテンツに対して他のメーカーが手を伸ばしてくれているということだけでファンは喜ばなければならないのでしょう。


Zガンダムの放送が決まり、本編に登場する機体を発表したところ、リックディアスさえ「こんなのもビルスーツじゃない」という声があったそうです。

あのリックディアスがですよ?



今にして思えば考えられないことですが、作品に対する思い入れの深さと人による解釈の違いを表す良いエピソードだと思います。コトブキヤや海洋堂、やまとは既に存在するキャラクターにアレンジを加えるのだから、僕のように違和感を感じる人は多いと思います。そんな中頑張ってるのですから、応援したい気持ちでいっぱいです。

自分の好み云々は抜きに今このタイミングで出してくれた海洋堂に感謝感謝。
気に入らなかったら手直しすれば良い。

もでらーだもの。みつを




追記:今見てみたら目の大きさはそれ程違和感がなかったです。上下に0.5~0.8mmくらい詰めると丁度よくなりそうではありますが。

違和感の正体が判明しました。顔の小さと細さです。
トミー版からティラノサウルスにしては小顔だったジェノシリーズですがコトブキヤ版で更に小顔になり、リボ版は細長さが強まってトカゲ顔になってしまってるのが僕が違和感を感じたところのような気がします。

あと首が細く長いですねー。バックパックの取り付け位置が後ろすぎる気がします。エクスブレイカーの刃の形状が少し……

ゾイドは思い入れが強すぎるだけに色々思うところがありますねー。逆にそこさえ改修すれば超絶可動の良いキットになりそうです!

改造素材にしちゃおうかな……
スポンサーサイト

この記事のトラックバックURL

http://onogorokakunouko.blog133.fc2.com/tb.php/71-8e6b2234

コメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

 

Template Designed by めもらんだむ RSS
special thanks: Sky Ruins DW99 : aqua_3cpl Customized Version】


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。