HOME>スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
HOME>漫画・アニメ・映画・ゲーム・小説

夜の大捜査線

早起きをして今日も映画をみて来ました。
午前十時の映画祭、『夜の大捜査線』。


よく行くシアターなんですが行ってみてビックリ。対面カウンターがほとんどなくなって、代わりに端末がズラリと並んでいました。
こんなところにもオートメーション化の波が……

僕は映画を観る、特に映画館で観るという行為は身体感覚を複合的に活用する芸術体験だと思うんですよね。
チケットを売っている女性の美しさにときめき、映画の内容に感動する--人を相手にしていればこんなこともあるわけですよ。

けれども機会相手だとそんなことも無いわけで……何だか悲しいです(´・ω・`)

作品自体の話をしますと、警官が巡回中に死体を発見したところから物語は始まります。
死亡からさして時間も経過していないということですぐに犯人探しが始まります。
警官は深夜の駅にたった一人でいた黒人男性を勝手に犯人と決めつけ署まで連行。しかしこの男性の正体というのが実は……
とまぁここから先は観ていただくということで。

観た感想といたしましては、人種差別が激しすぎて観ていて気持ちの良いものではありませんでしたね。

オープニングとエンドロールのテロップが手書き風のフォントで温かみがありました。

映画を観てからその足でバイトに行くつもりだったんですが、着替えを忘れていたので帰宅して昼ご飯を食べ、15分だけモデリング。
15分じゃ全く進みませんね(笑)

そうそう。昨日今日と一息でこちらの作品を読み終えてしまいました。



三浦しをん先生の『舟を編む』。
三浦しをんさんは僕の一番好きな作家ですね。
この人の文章ほど心にスッと入ってくる文章は無いのでは?

高校生の頃、県下一斉テストで『風が強く吹いている』が現代文の問題に引用され、それに感銘を受けたのでした。

『舟を編む』は本屋大賞をとったため、各書店で平積みされていたのでタイトルを知っている人も多いかと思いますが、素晴らしい作品ですよ^^
スポンサーサイト

この記事のトラックバックURL

http://onogorokakunouko.blog133.fc2.com/tb.php/549-e91423a9

まとめtyaiました【夜の大捜査線】
早起きをして今日も映画をみて来ました。午前十時の映画祭、『夜の大捜査線』。よく行くシアターなんですが行ってみてビックリ。対面カウンターがほとんどなくなって、代わりに端末がズラリと並んでいました。こんなところにもオートメーション化の波が……僕は映画を観る...

コメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

 

Template Designed by めもらんだむ RSS
special thanks: Sky Ruins DW99 : aqua_3cpl Customized Version】


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。