HOME>スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
HOME>漫画・アニメ・映画・ゲーム・小説

今年最高傑作

昨日はゼミの発表を終えてからバイト先のミーティングに出て、大学の最寄駅から更に30分の友人の家まで行ってオールの飲み会をして来ました。

移動が非常に面倒でしたが、飲み会は楽しかったです^^


今日は昼頃起きて友人と今後のゼミの運営についてなどわりかし真面目な話をし、分かれてから一人映画して来ました。




観たのは「127時間」。
素晴らしい作品でした……感動のあまりラストシーンでは号泣していました(´;ω;`)


トランスフォーマー、X-MEN、パイレーツと、今期は非常にビッグタイトルが揃っていますが、それらをはるか後ろに抜き去るくらいぶっちぎりで観たかったのがこの127時間です。


クライマーの主人公、アーロンは渓谷を冒険しています。
アップビートの音楽をイヤフォンから流し、ご機嫌に冒険を楽しむアーロン。

そんな彼を突如トラブルが襲います。
渓谷で落ちて来た大岩に手を挟まれ、身動きが取れなくなってしまったのです!

バッグにはわずかな水と食料、ビデオカメラ、カメラ、ロープ、カラビナ、十徳ペンチ……
どんどん減っていく水は死へのカウントダウンの様。
日の当たらぬ深い谷間に一日にわずか15分差し込む陽光だけが彼の希望……


身動きの取れぬ谷間で彼は自分の身近な人のことを思い出します。
そしてどうしても岩をどけられないことを悟った彼はバッグの中から出したビデオカメラで自分を撮り続けることにしました。
それは過去への後悔、近しい人々へ向けた遺言のようなメッセージ。
衝撃の結末は必見です。


流血シーンなど痛いシーンもあり、画面を見られない時間帯もありましたが、最後は本当に大泣きでした(´;ω;`)

期待度も高かったのに期待を超える作品でした……

まだ今年に入ってから映画館には七〜八回しか足を運んでいませんが、今年で一番感動した作品です。


普段映画館に行かない人にもぜひ観ていただきたい。
何故人はこうも生にしがみつくのか、生きていることがいかに素晴らしいのか……色々なことを考えさせられる作品です。
スポンサーサイト

この記事のトラックバックURL

http://onogorokakunouko.blog133.fc2.com/tb.php/419-c6fe32fa

コメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

 

Template Designed by めもらんだむ RSS
special thanks: Sky Ruins DW99 : aqua_3cpl Customized Version】


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。