HOME>スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
HOME>コマンドウルフ

コンパ(CW-35)

タイトルにはコンパと書きましたがコンパと言ってもコンパウンドですw

結局コンパウンドは仕上げまで行いました。
粉がついたまま家を出て来てしまってので中性洗剤で洗い流してアーマーは完成です。。。アーマーは。


気がついたんですが武装がまだなんですよねf^_^;)
パテを盛ってそのまま放置してある武器を何とか仕上げなければ……

あと展示会では足にブレードを装備していたんですが全体のシルエットが美しく無いので外すことにしました。


アーマーとフレームが完成しているので武装以外に残っているのはシリンダーとパイプ。
シリンダーは当初真鍮線を用いていましたがプラ棒にすることにしました。
微調整が効きますからね。

径が丁度良いプラ棒が手持ちに無かったので曲がるプラ棒を使用しました。


ここでシリンダーパーツをプラ棒などで自作する方法を公開。

a.jpg

1:シリンダー部を切り離したパーツにノギス(内径を計る方)を入れ、シリンダーの長さを計ります。
長さを測ったらネジでその長さに固定。切り離した時に微妙に長さが違っている可能性があるので左右の足で同じ長さだとは考えずに一つ一つ計りましょう。

IMG_6807abc.jpg

2:1でネジで固定したノギスの外径を測る方でプラ棒に印を付ける。

IMG_5249ab.jpg

3:パイプカッターを用いて2で印をつけた部分をカット。
パイプカッターが無い人はカッターマット上でプラ棒を転がしつつデザインナイフで切ることも可能。
実際にはめてみてサイズが合わなかったらデザインナイフで長さを微調整しつつ寸法を合せる。

IMG_0073ab.jpg

4:はめてサイズが合えば作業は完了。好みの色を塗って完成。




これを銀色に塗ればOKなんですが塗料を使うかテープを貼るか……
ちなみにラピーテープはまっすぐに戻ろうとする力が強くて失敗しました。ラピーテープを瞬着と併用するか、アルミテープにするか、塗装か……

アルミテープはツヤが弱いものの曲面に馴染んでくれるのが良い点。
けれどもラピーテープのメッキのようにテカテカした質感も捨て難い……

シリンダー近くの金の部分を塗装しているので質感が似てしまう塗装は避けたいところ。

アルミテープがどこかに行ってしまってので採用するなら買って来なければ。
スポンサーサイト

この記事のトラックバックURL

http://onogorokakunouko.blog133.fc2.com/tb.php/301-cefdb778

コメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

 

Template Designed by めもらんだむ RSS
special thanks: Sky Ruins DW99 : aqua_3cpl Customized Version】


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。