HOME>スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
HOME>制作雑記

久々のお出かけ

今日は久々の外出。

出掛ける前に手を尽くしてもどうしようも無かったパーツを塗装。
超音波洗浄機でも効果がなく、おゆまるでくっつけて溝にハマったカスを取る作戦も不発に終わったので止むを得なく上塗りという形に。
手早く済ませたら追いコンで卒業生にプレゼントするTシャツのデザインを仕上げてFAX。

そこから二時間以上かけて千葉まで行って来ました。

そしてゾイダー歓喜のある立体物の制作のお手伝い。完成が楽しみです(^ω^)

行く度にあそこまで物を作るのに適した環境は珍しいなと思う程素晴らしい環境です。羨ましい……

僕の部屋もせめて室内塗装ができるようになれば良いんですけどね……

いつも通りのせさんとお話。来月の電撃ホビーの宣伝をしっかりとされ、ダンボール戦機の話などを。
「ダンボール戦機一話目見た?」
「見ましたよー」
「どうだった?」
「メダロットですねw」
「だよねw」

やはりメダロッターにはそう映るようですw


今日はプラ板の切り出しを沢山やったんですが皆さんはプラ板のカットにPカッターって使いますか?
前々から思っていたんですが今日沢山切り出して行く中で1mm以下の薄さのプラ板ならデザインナイフで切る方がPカッターより早いと実感しました。
正確性の面でもデザインナイフの方が上だと思います。

どなたか失念してしまいましたが、あるモデラーの方が「デザインナイフはモデリングの基本にして最高のツール」と書いていました。
デザインナイフ一本でメカの拳を削り出してしまう人もいますし、それも頷ける話です。
もっとうまくデザインナイフを操れるように成りたいです。

IMG_6807a.jpg

先日プラ板を切り出す時はPカッターを使いました。

IMG_5249a.jpg

Pカッターで何かを切った時に生じるこんなカスが好きだったりします。
これなんか綺麗に螺旋を描いてくれたのでスプリングのディテールに使いたいくらいです。

IMG_0073a.jpg

細く切り出したプラ板には紙ヤスリを貼りつけて使用。
裏面に番手を書いて完成。


僕は少量生産ですが大量生産したい人は電撃ホビー誌上で「すくすくスクラッチ」のコーナーをてがけていらっしゃる岬さんのブログ、イクチオステガを参照。

「プラ板ヤスリ」の名前で記事を書いていたはず。

このプラ板を切り出していた時、自作の紙ヤスリ用持ち手を作りました。
1mm厚のプラ板を三枚貼りつけて作ったんですが、3mmのアクリル板が余っているのでそれで作れば良かったと後から気付くという……


ちなみにのせさんは上記の岬さんにお会いしたことがあるそうです。
流石プロ!
スポンサーサイト

この記事のトラックバックURL

http://onogorokakunouko.blog133.fc2.com/tb.php/289-158356a8

コメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

 

Template Designed by めもらんだむ RSS
special thanks: Sky Ruins DW99 : aqua_3cpl Customized Version】


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。