HOME>スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
HOME>漫画・アニメ・映画・ゲーム・小説

「女の愛撫で男を奮い立たせることができるなら、女はそれをそれをするときもあるのよ」

あー!!気が付いたら14日の記事書いてない(・□・;)学校から帰って来てから家庭教師に行ったら時間が(汗)


昨日今日とTOKYO MXで録画した蒼穹のファフナーを編集しおえて何気なくスカパーを見たらZガンダムをやっていました!!
『第16話 白い闇を抜けて』でした。
ベルトーチカの「女の愛撫で男を奮い立たせることができるなら、女はそれをそれをするときもあるのよ」というセリフに中学生の僕は凄くドキドキしたものでした。


半幽閉生活でやる気も毒気も無くし腑抜けになっってしまったアムロ。そんなアムロが復活したとあってカツと共に旧来のファンも嬉しかったんじゃないでしょうか。

実戦から離れて久しいのにハイザックのランドセルだけ破壊するなど巧みな操縦テクニックを見せます。直後にカミーユが同じことを試みるものの本体まで攻撃して毒づくところからアムロの確かな技術とセンスが窺われ、良い演出だなと思いました。


更に地上に降下して以来長らくカミーユ達を苦しめていたブラン・ブルタークの駆るアッシマーを撃破すると言う目覚ましい戦果をあげ、アムロ復活を確かに印象付けました。


そんなかっこいいアムロ。ライバルのあのサングラスの人はどうでしょうか?

クワトロ「父親代わりの経験もいいと思っている。胸がときめく」
ハヤト「はっはっは、いい経験であることを」
クワトロ「ありがとう」

なんかときめくとか言ってますwどうしちゃったんでしょう?


その前は戦場でロマンスを繰り広げるかつてのライバルを尻目に淡々と業務をこなし、宇宙に上がることを怖がるアムロに「ララァに会うのが怖いのだろう?」とズバリ言い当てるなど踏ん切りのつかないアムロと対照的にカッコいい男として描かれていたのに……


まあ一番気になったのはラストシーンで生還したアムロに抱きついて泣くベルトーチカの演技力のなさだったりしたのは内緒ですけど。
スポンサーサイト

この記事のトラックバックURL

http://onogorokakunouko.blog133.fc2.com/tb.php/191-8ed27685

コメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

 

Template Designed by めもらんだむ RSS
special thanks: Sky Ruins DW99 : aqua_3cpl Customized Version】


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。