HOME>スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
HOME>ZAOD関連

第三回ZAOD展示会レポート11

きなこ餠味のチロルチョコの美味しい季節になましたね(◎^ω^◎)

こんばんは蒼人です。今日から11月。今年も残すところあと二ヶ月とあいなりました。11月に入った日にレポートも偶然第11弾です。全部で第何弾にまで達するのか見当も付きませんがコツコツと続けて行きたいと思います。


<比和さん>

第二回ZAOD展示会以来何度かお会いしています。
第三回展示会前の横浜オフで久々にお会いできたのですがその時手をつけ始めたばかりだったダークスパイナーが展示会には完成していて驚きました。

256.jpg

  ○ダークスパイナー

オフ会で「ゾイドバーサスのプロモーションビデオみたいに片足を出したポーズができるように改造している」と言っていました。その時は塗装前の後脚しか見ることができませんでしたが展示会では全身を披露。
派手なカラーリングのダークスパイなーが一転、落ち着きのある色合いで渋みが出ました。


260.jpg

  ○コマンドウルフ

mixiの日記では前回の展示会の直後のテンションで一気に作ったと書いてあった気がします。
やはりコマンドウルフってかっこ良いですよねー。
白い機体にクッキリとした黒の墨入れと言うのも良いものです。コントラストがはっきりしているので締まって見えます。


263.jpg

  ○キラービー

その出来のよさからあっと言う間に売り切れてしまったキラービー。そんなキラービーを更に手を加えて格好良くしたのがこの作品です。
改造パーツとしては有用でもあの一直線の足はキラービーのラインを壊してしまっていると思うんですよね。
しかし比和さんの作品では思い切ってその長い足を取ってしまい、露出するコアブロックはカバーで埋めてあります。
ここを隠す事で一気に完成度が増しますね!
黒地に銀の墨入れで小型ながらも金属の重みを感じます。


267.jpg

  ○バーサークフューラー

薄紫という兵器としては疑問を禁じ得ないカラーリングのバーサークフューラーにスプリッター迷彩を施した作品。
カラーリング以外にもアニメにおける一騎当千振りも手伝い、兵器という印象が極めて薄いフューラーですがカラーリング一つでここまで落ち着きが出るんですね。




290.jpg

巨大ゾイド大集合の巻!
何だこのプレッシャーは!?
デスバーンやカラミティブレイカーなしでこの迫力ですからね……この四体にあの二体が加わったら恐ろしいことに……


< RYOさん >

291.jpg

  ○THANATOS

RYOさんが限界に挑み、就職を決定付けた作品だそうです。
とにかく流用センスがずば抜けていますよね。
配色は同じ卓の上で一番大人しいはずなのに、周りに負けない存在感を放っています。


<おえさん>

298.jpg

  ○オーガ・ザ・デストロイヤー

前日にとった写真に続き二度目の登場。
全体像は以前掲載したので今回は後ろから。武装の配置がよくわかると思います。
男は背中で語るもんなんだぜ!


<シュウヤマさん>

301.jpg
302.jpg

  ○ブラッディデーモン

巨大ゾイド祭りのスペースの一機。
コロコロコミックで見たブラッディデーモンそのものです!
実はこの作品には奇妙なエピソードがあります。
某SNSモ◯ゲーのゾイドサークルの完成品投稿トピックにこのブラッディデーモンがアップされ、ある人が「それはあなたの作品では無いですよね?直ちに投稿を削除してください」と書きこんだんですよ。
そうしたところ投稿者が「実は制作者と知り合いで云々」と言う旨の書き込みをしました。僕はその頃からblogを読ませて貰っていたので「シュウヤマさんと知り合いなんですか!?」と訊ねたところ、投稿者は「よく知ってますね」と書いてその後姿を見せませんでした……
以上のいきさつをシュウヤマさんに伝えると、そんな知り合いはいない、全く寝耳に水だと言うことでしたw
まぁそれだけ人を引きつける魅力のある作品なんだということで一つ!(簡単に済ませたーΣ(・□・;))
学生生活最後の集大成作品として制作なさっただけあって気合を感じます。
深みのある赤がイイですねー!


< ATさん >

305.jpg

  ○ケンタウロスMk-?

サラマンダーの羽を動力ごと背負わせることで別電源で歩行と羽ばたきが出来るんだそうです。
ゾイドは初期の商品であるゴジュラスから歩行/発光を別電源でまかなうという手法を取っていましたが、歩行/ギミックを別の動力源でまかなう手法はデス・キャットまで現れなかったはずだと記憶しております。
歩行とギミックの両立がゾイドの魅力ですので両者の動力源を分ける手法は流行らなかったのだと思いますが、この手法は改造の方法として一つ面白い方向性を示していると思います。
スポンサーサイト

この記事のトラックバックURL

http://onogorokakunouko.blog133.fc2.com/tb.php/143-bf9f391e

コメント

2枚も掲載して頂いて恐縮です^^;

そういえば某モバゲーってそんなことありましたね~

というか知り合いだとしても、制作者でないのに投稿するんはおかしいやろ!というツッコミしちゃいますね^^;通報をしてくださった蒼人さんやRINさんには感謝しまくりですよん♪
レス
シュウヤマさん

本当はもっと掲載したいのですが何せ撮影した枚数が多いので一つの作品につき1~2枚が限度です……本当はもっと沢山撮っているのに……

たしかにwそもそもそこからしておかしいですね(^_^;)
RIN君はこの頃mixiでも目にしないですが元気にしているんでしょうか?
実習等が忙しいのかも知れませんがまたお会いしたいです。

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

 

Template Designed by めもらんだむ RSS
special thanks: Sky Ruins DW99 : aqua_3cpl Customized Version】


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。