HOME>スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
HOME>ZAOD関連

第三回ZAOD展示会レポート9

レポートその9。


<黒鷹@月天さん>
横浜オフにもよくいらしてる黒鷹さん。
チェンジマイズを得意としていて変形や合体機構を有するものから人型ロボタイプなどそのネタは様々です。
流用センスはかなりのものが有ると思うのでブロックス以外の作品も見てみたいですねー。


198.jpg

  ○Scarlet Slicer

おそらく全て成型色だと思います。角はレオストライカーホロテックのものだそうですが、コマンドウルフホロテックと比べてレオストライカーホロテックは流通量が少なかったのかほとんど目にしませんねー。(僕がその存在を知ったのは展示会で黒鷹さんのお話を聞いた時が初めてでした)
全体のシルエットはまさしく人型ロボット。しかし近くに寄って細部を見てみると、確かに各部を構成しているパーツはゾイドブロックスのもの。何だか不思議bな感覚です。
ブリッツハーケンの色とデッドバスターの色がそっくりだなぁと新たな発見があったり、パーツ解析をしているだけでも楽しめます。僕にこんな流用テクニックは無いなぁー……




<(略)さん>

匿名ということなんでしょうか?"(略)"がハンドルネームなのでしょうか?(※“(略)”さんというHNであることがのちに判明しました)

199.jpg

  ○マサクゥル  ジョーカー

黒鷹さんの作品と並んで立っていました。
白い機体色が神々しさを漂わせていますが、手には何とも物騒な武器を携えています……怖(´;ω;`)
翼があるためボリューム感がありますね。




<さくらんさん>

ワンダーフェスティバル2010にて販売された『HMM ジェノブレイカージェットType-B 換装キット』の原型制作をなさった方です。

160.jpg

  ○ジェノブレイカーJET type-B

webコミック  ゾイド妄想戦記に登場した改造機を再現した作品。
特徴的なフリーラウンドブレードと頭部パーツがしっかり再現されています。
今回は細部までじっくり見られなかったのが残念です……




<ムナはらさん>
九月の横浜オフの帰りに少しだけお話しました。その時何を作っているか聞いたら1/1のコアブロックを作っていると聞いてビックリしました。

197.jpg
196.jpg

  ○ネオコアブロック+J2ジョイント

まさかあのジオラマ以上にデカイものが会場に有るとはw
僕は事前に聞いていたので荷物の大きさから「あぁ、きっとあれが例の……」と思うことが出来ましたが、べニア板が何枚も出てくる謎の大荷物に皆さん興味津々でした。
ゴミ箱の蓋が使われていたり、ちゃんとモデラーらしく「流用」もされていましたw
これだけの大きさなのでジョイント用の穴を貫通させて連結すれば子供用のアスレチックになりそうです。
二枚目に映ってるのはGuntieさん。作品の大きさが伝わりますかね?




< U-tan(うーたん)さん >

205.jpg
206.jpg

  ○ガンスナイパー・ゼネバス帝国軍仕様

同じ赤を基調としたカラーリングのガンスナイパーでもナオミ・フリューゲルの機体とは全く印象が異なりますね。
しかしエントリーシートには『見ていただいた方のほとんどが「ナオミさんのですね。」と言われるので、まいっております。カヴァードタイプのコクピットは言わないと気がつかないようです。残念!!』と書かれていたのですが、僕には意味が分かりません。
だってナオミさんの機体とは全く違うじゃ無いですか!(まぁその人達がナオミ仕様のガンスナイパーを作者様がアレンジしたと思ったのかもしれませんが。)
本作品はHMMでミサイルハッチと解釈された部分が白なのに対し、ナオミ仕様には白は使われていません。
ナオミ機の黒いキャップに対してこちらは青。何より真っ先に目に飛び込んでくる装甲式のコクピットハッチ。上手くナオミ仕様との差別化が図られていると思います。
ぼくは赤い機体色に溶け込むオレンジのキャノピーがナオミ機らしさだと思っているので、それが無いだけで随分と印象が違います。
また、目の緑とセンサーの緑とが韻を踏んでいて機体色との対比で凄く映えますね。


208.jpg

  ○共和国ヤドカリ部隊

シーパンツァーへの愛を感じます。ハルパースやスピアウィングのコクピットが上手く流用されていますね。
後ろにはキットを改造したシーパンツァーが見えますが武装がカノンフォートのものに換装されています。
それで共和国と言うことか……なるほど。

209.jpg

中には本物の貝殻を背負ったこんな子も。カ、カワイイ……




< GAIAさん >

203.jpg

  ○ライトニングサイクス

光沢や半光沢で仕上げられることの多いライトニングサイクスですがこの作品はかなりマットな質感。
落ち着きのある黒でよく闇に溶け込みそう。夜間戦闘で特に力を発揮することでしょう。





<えすやんさん>

ZAOD NEWS BLOGを見ると"Sやん"となっているんですがどちらが正しいのでしょうか?

201.jpg
202.jpg

  ○ジェノブレイカー

うをっ!眩しっ(>_<)
光沢を消した黒にピンクという取り合わせが何とも冒険しているなぁーと。
「虐殺竜」に一気にファンタジー色が付加されましたね。頭部は特に力が入っている様でメタルパーツと不思議な光を発する目のカバーパーツが。
何でしょうかこれ?MGエクシアのケーブル?目の処理がかなり良いです。




<しゅうぞうさんさん>

"しゅうぞうさん"までがハンドルネームなのだそうです。

200.jpg

  ○ひろし風ウルフ

アーバイン役の藤原啓治さんがクレ◯ンし◯ちゃんではひろし役で出演しているのが元ネタでしょう。
キャノピーが透明で無いのはアニメをイメージしてでしょうが前脚のアーマーがピンクなのは謎です。ここだけピンクだと妙に落ち着きがなく、浮いてしまっている様に思うのでもっと赤みを強くした方が良かったと思います。他の塗装は丁寧ですね。



ラストの三作品はマットな黒を基調としたカラーリングの作品が並びましたがどうでしょうか?

今回のレポートはここまでです。また次回!
スポンサーサイト

この記事のトラックバックURL

http://onogorokakunouko.blog133.fc2.com/tb.php/133-395a9d18

コメント

ありがとうございます
感想を貰えるというのはうれしいですね
type-Bはじっくりみられると、ここ一年間展示し続けてきたダメージがばれちゃうのでささっとみるのがお勧めです
今回は現地に行けなかったのが残念です
レス
さくらんさん

いらっしゃいませ。コメントありがとうございます。
そう言えば作品のみの方も方もいらしたと聞いておりましたがさくらんさんでしたか。
シュウヤマさんとお話をしていてよくお名前を聞くので一度お会いしたいなぁと思っていたのですが当日お話できなかったのにはそんな理由があったのですね。

いやいやーそう言わないでじっくり見させてくださいよー(^皿^)


宜しかったらまた遊びに来てくださいね♪(^ω^)ノ
Re:
 何か、そういって頂けると癖になりそうですw

 ご推察の通り全て成形色そのままです。



 (略)さんはそのままでハンドルネームです。ゾイド格納庫にも同じ名前で投稿されているので、一度見てみたらびっくりするんじゃないかと思います。特に一番新しい方のは。



 ではでは、次回以降のレポート、楽しみにしておりますー。
レス
黒鷹@月天さん

無塗装であれは本当に凄い!(略)さんのHNの件どうもです。時間あったら見てみます!

ありがとう御座います!次回以降もお楽しみにー

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

 

Template Designed by めもらんだむ RSS
special thanks: Sky Ruins DW99 : aqua_3cpl Customized Version】


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。