HOME>スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
HOME>ZAOD関連

第三回ZAOD展示会レポート6

今まで紹介した作品が果たして全体の何分の一に当たるのかと考えると、驚くほど少ない割合しか紹介し切れていない現状に愕然とします。蒼人です。

全部コメントし終える頃にはおじいさんになってしまっているのでは無いのかしらん?

等と言ってる暇があったらレポート書きます。絶対終わらせる。俺自身と決着をつけるために!(謎



<おか ただおさん/唯緒さん>
相互リンクさせて頂いている深度計予備回路の唯緒さんです。
今回は本名で参加したようでエントリーシートには本名が記載してありましたが、名札はハンドルネーム……それのせいでこの素晴らしい作品群の作者が誰だか分からないと言ったことがあった、と日記に書かれておりました。
作風は汚し塗装が得意なようで、ポイントを抑えた小改造とあいまって収まりの良い通好みな作品を多く手掛けていらっしゃいます。そうかと思えば現在制作中のシールドライガーはなかなか主張の激しい装備を背中に背負っていて、そちらの完成も楽しみです。
キャラドールの首も作るという珍しいゾイダーさんですがその完成度は写真で確認してください!


210.jpg
211.jpg

  ○ブレードライガー

ZOIDS IGNITIONさんの展示会会場レポートのタイトルバナーに使われている作品。白いライガーといえばシールドライガーMk-2、アニメに登場したMk-2カラーのノーマルシールド、そしてライガーゼロがいますがこのライガーは白でも味付けが他とは違いますね。
チッピングが上手くてお手本にしたいです。尻尾の色を節ごとに変えているのが細かいながらも凄く良いなぁと思った工作ポイント。
まぁ何より気にいったのはブレードの色の変化なんですけどねwこう言うところにフェティッシュを感じるようになったら、あなたも立派なフェティストです!←嬉しくない


214.jpg

  ○グレートサーベル

共和国に鹵獲された機体という設定が良いですね!頭部の追加パーツが上手く印象を変えています。
ダクトにメッシュパイプが貼られていたりと、細かいところまで手が行き届いてる印象。
肩から生えているトゲがなんだかカワイイです(*^ω^*)


218.jpg

  ○ジェノブレイカー

珍しく追加装備の無い作品。
アニメのレイヴンのジェノブレイカーはまさしく鬼神がごとき活躍を誇り、主人公の人気を食ってしまうのでは無いかと言うほどの活躍でした。
またイヴポリスでの戦いが良いんですわ…………とまぁそれは置いておいて作品へのコメント。
ブログで「あーーー 今回は、色味も含めて、普通のレイブン風にするので、思いつき加工は、しないんですが、(以下略)」と書かれていましたがレイヴンのジェノブレイカーは汚れている印象が薄いので僕がこの機体を見て抱いたのは「リッツの機体かなー」という印象です(ゴメンなさい)。
連戦による疲労・消耗は重なって行くのに、戦闘本能とそれがもたらす飢えにも似た戦うことへの欲求は付着する汚れの量に比例して大きくなって行く一方……そんな妄想をかきたてられます。
ヒーロー色の強いジェノブレイカーですが、汚し表現の上手さの恩恵により凄く兵器らしさと実在感の溢れる作品に仕上がっていると思います。


222.jpg

  ○ライトニングサイクス

一目見て共和国仕様だとわかる改造です。ゾイドの素晴らしさは沢山ありますがその中の一つが共和国:角ばった装甲にキャノピー式コクピット/帝国:丸みを帯びた装甲に装甲式コクピット  と一目で所属陣営が判別できるようにしていたことだと思うんですよね(まぁ後に共和国も装甲式コクピットの機体が増えますが、暗黒大陸編以前はそれら装甲式コクピットを持つ共和国ゾイドは重装甲の機体のみであり、最低限の配慮がなされていました)。
共和国軍の機体のコクピットを改造して帝国機という作品は多いですが、それに比して帝国軍の機体のコクピットをキャノピー式に改めて共和国機に改造した作品は数が少ない気がします。
クリアパーツの扱いが難しいことも関係しているのではないかと思いますが、この作品はキャノピーがピタリと合っていて、もともとこのデザインだったかのようです。


139.jpg

  ○カノントータス

もとのデザインとあいまって重機のような印象を受けるカラーリングです。
小型ながら重装甲であると言うカノントータスのキャラクターをよく表していますね。
セイバータイガーなど高速戦闘ゾイドの持つしなやかなラインも魅力的ですが、カノントータスの持つこの塊感もまた大きな魅力だと思います。


141.jpg

  ○コマンドウルフ

頬のパーツはライガーゼロのもの。武装バリエーションの為にトミー版の武器を流用するHMM作品はよく見ますが装甲を流用した作品は珍しい気がします。
小さいウイングもライガーゼロのダウンフォーススタビライザーでしょうか?
前後の脚にも追加装甲が加えられているんですが自然で良いですなぁ。


143.jpg

  ○レッド(?)ホーン

ブースターとスパイクの追加で突撃力を増した改造機。
改造に着手した段階でかなりコンセプトがまとまっていたのではないしょうか。
"突進力を増した機体"という目標に向かって的確に取捨選択がなされたのが分かります。


145.jpg

  ○ガンスナイパー

小型ながら充実した火力を誇るガンスナイパー。その機体にWWユニットと更なる武装を装備することで一層火力の増強をはかった改造機。全身火器の固まりでまさしくハリネズミ状態。
頭部にはジェノブレイカーのレーザーチャージングブレード宜しく角が生えていますが……この武器使ったら、中の人確実に死にますw


147.jpg
150.jpg

  ○フィーネ

フィーネですよフィーネ。フィーネですよフィーネ!アニメ一期のフィーネと、精神と時の部屋に入ったとしか思えない程育ってしまったGF編のフィーネの中間くらいの年齢でしょうか?
これスッゲーカワイイw
いやこれは本気と書いてマジで欲しいですよ。うん。……下さい!> <
後ろがボリューミーな特徴的な髪型も上手く再現されていました。


216.jpg

  ○リーゼ

どこかのボリュームが増加しているリーゼさん。
僕はリーゼの服装が最初のゆったりとしたものからこのピッチリとしたスーツに変わったのはスタッフによるテコ入れだと考えているのですがどうでしょうか?
それにしても人の顔をスクラッチで作れるのって凄いなー……とつくづくそう思います。
でも最後に一言。
リーゼはもっとSっ気のある表情の方が好きです♥




一日に一名分の紹介で一杯一杯になってる自分がいます(^_^;)
モデリングしたいけど時間がー(´;ω;`)そして先月のホビー誌読み終えてない……今日ホビージャパン読めるかなぁ……普段はノーチェックなモデルグラフィックス誌のジム特集が凄くよかったです。買っちゃおうかなぁ……
スポンサーサイト

この記事のトラックバックURL

http://onogorokakunouko.blog133.fc2.com/tb.php/126-3c02fe75

コメント

ありがとうございます
うちのこ共に、詳細なコメントありとうございます。
物つくりの励みになります!!はい!

「いまつくってるのが 一番かわいい」という法則にのっとり、
現在開発中の、ライガーさんに、全力投球㊥。

来週には息切れして、塗装しちゃってることと思います・・・・

つかぁ、各個コメントとは凄い!!!
「漫画家 藤田和日朗先生が、サイン会の色紙にリクエストのイラストを、もれなく描いた」
という、伝説を、なにげに思い出しましたw

新作にも期待しております!!!!!!!
レス
唯緒さん

唯緒さんの作品は凄く響くものがありますよ!
息切れして塗装って考えが凄いですね……買うだけで息切れを起こして積んでしまうモデラーが多い中素晴らしいことだと思います。

うしおととらの先生ですな(-ω-)

そんな伝説をお持ちだとは知らなんだですわ。僕は手が遅いので新作はいつになることやらって感じですが、一作入魂で作っていきたいと思います!

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

 

Template Designed by めもらんだむ RSS
special thanks: Sky Ruins DW99 : aqua_3cpl Customized Version】


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。