HOME>スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
HOME>日常・お出かけ

ここまで来ると……

今日デジカメ取りに行きました。これでレポートも進みます!

今度は絶対忘れ物をしないぞと心に決めていたので今回は忘れ物なしです!
でもこんなことが……


僕「最後に忘れ物チェックしとかないと!」
某モデラーNさん「まぁここに忘れてってもダメージ無いでしょ。最低ケータイとデジカメと財布があれば。」
僕「そうですねー……ってホラ。財布忘れてますからね。」
Nさん「他人事w」


ここまで来ると我ながら呆れますw




そういえば昨日はゼミの面接だったと書きましたがこんな感じでした。

僕の面接したゼミは各一時間の区切りごとに四人の人間が割当てられています。つまり15分ずつ個人で面接がなされる訳ですね。
僕は最終組でしかも学生番号が一番大きかったので全体で一番最後でした。

16:00  最終組の面接予定時間。聞くところによると15:00からの組の人間が一人として面接を開始すらしていないという事実に驚愕する。

16:30  昼食を食べていないため既に限界である。学食に行き食事を取ろうとするが土曜の午後に学食はやっていない。購買でカップ麺購入を目論むも所持金は400円……ブタ麺、あんまん、チキンという何ともジャンクなフードで昼食を済ます。その後ハイチュウとブラックサンダー補充。

17:00  まだか……

18:00  まだなのか……

19:00  良い加減に……

19:08  面接室に呼ばれる

19:09  面接開始。

19:10  学校の決まりで一斉に電気が切れる。驚きはしたが慌てることはなかった。むしろ「◯◯ゼミの歓迎の仕方ですか?」とゼミ生、教授から笑いを取る。

20:00  面接終了

と、50分間にわたって面接がされた。13:00から開始して15人の面接をこなしたことを考えると60分×7=420分。
全体時間の八分の一を使ったことになり最も長かったうちの一人と言えましょう。

しかしこのゼミ、落ちた可能生が非常に高いです。
15人募集のところに希望者が15人だったため普通のゼミなら落ちる恐れはあまり無いのですが僕はゼミの担当教授が判断して不要だと思う人間は切られるべきだと思っているし、事実僕の選んだゼミはそういうゼミだと思っていましたところ思った通りのゼミでした。
たとえ15人募集で希望者が5人だったとしても、面接をして2人しか取らず二時募集に回すというのは大いにありだと思いますし、そういうゼミでなければ入りたいとは思いません。


ゼミ面接において面接時間が長いということはこいつは面白いからもっと内面をうかがってやろうと相手が考えているからであり、受かる可能生が高いという話を聞きましたが僕の場合は少し事情が違いました。

僕の希望したゼミはチームでディベートをするゼミです。
それを考慮して「ペアを組んだ相手が全くやる気が無くて調べものも満足にままならない。そんな時あなたはどうするか」という質問に対し僕は自分のやる気を見られているのだと思い、「相手にやる気が無いなら自分一人でも調べ尽くします。」と答えました。
するとチームでやるにはそれでは勝てないし、自分が批難されることになるかもしれない。一人で何でもやってやるというのは子供のプライドだ。このゼミで求めているのは泥臭くてもカッコ悪くても相手と合わせてなんとかしてやって行くと言う大人のプライドだと言われてしまいました。「君なら実際一人でやってしまいそうだけども(笑)」とも言われましたけどねw

そして終盤になってこの様に言われました。

「うーん……実はねぇ正直凄く(取るかどうか)迷ってる。今日見た中で一番悩まされる。それは君が人より劣っているとかやる気が無いとかじゃ無くてうちのゼミに合うかということなんだ。これがもし一人で調べ物をして発表をすると言うゼミだったら私は間違えなく君を採用している。今日見た中で一番個性という面では強いと思う。でもチームでやる場合君は我が強過ぎる。」

我が強いというのは多分「ゼミに入りたての頃は先輩から話し方から声の質までけちょんけちょんに言われることになるがそうしたら話し方を変えるか」という質問に対して「些末な部分なら変えるが自分が変えたく無い一戦だけは変えたくない」と答えた辺りから判断されたのでは無いかなぁと思います。

我が強い、頑固と言うのは自覚していましたがまさかたかだか50分の間に見抜かれるとは……
そして団体意識、共同体意識も人一倍強い(僕がどれだけ地元やバイト先を愛しているかは言葉では表せないほどです)のにそこが見てもらえず我の強さだけが浮き彫りになったのは残念でなりません。

グローバル化が進展し、自分の意見を言う場の増えた今の日本の世の中では我の強い人間が必要とされると思うんだけどなー。

何より僕の様な意見をしっかりと言える人間を欲しがるゼミだと思ったからこそ応募したのになんだか当てが外れてしまった様です。

多分落ちてると思うので次を考えます。くよくよ考えても仕方無いので。

今日も笑い話にして来たぐらいですしあんまダメージはありません。「我の強さを理由にゼミ落ちたよー!」ってな感じでネタが一つ増えたと思えば良いですわ。実際そんな理由で落とされる人間なんてそうそう前例が無いでしょw




今日もモデリングできませんでしたなー。
展示会から気付けば一週間。アイディアメモは数ページ増えたのですが手を動かさないと意味が無い……



取り合えず何から手をつけるか。それから考えよう。F2ザクをストレートに組んで塗装の練習にしようかなー……


mixi内で防止赤い人が「好きな時に好きなものを、かつ短期間でえげつないものを」と書いていました。

それが出来たら凄いですよね。
僕には早さもえげつなさもありません。でもどちらも数をこなすことでなんとかして身につけるものだと思います。

いまは好きな時に好きなものを、テーマを決めて確実にステップアップするしか無いんですよね。手の遅い僕でも成長することは出来ます。
一作品一作品に心を込めて作れば道は開ける……そんなふうに思います。
スポンサーサイト

この記事のトラックバックURL

http://onogorokakunouko.blog133.fc2.com/tb.php/118-00c25cac

コメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

 

Template Designed by めもらんだむ RSS
special thanks: Sky Ruins DW99 : aqua_3cpl Customized Version】


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。