スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

通っています

四年生なのに週四で学校に通っています。
しかも週三一限。

もうね、アホですかと。

四年時は悠々とした学生ライフを送るつもりだったのに(´・ω・`)


さてさて、そんなわけで今日講義を受けているとゼミのメーリスからメールが。
四限終わるまで暇してるから暇な人は会おうとのこと。

先日ウチの大学には新しい校舎ができたのですがそこに集合らしいので放課後の時間をつぶしに行きました。
新しくて本当に綺麗。この建物を一年間しか使えないのかと思うと寂しいです(´・ω・`)

そこで夏休みはどこへ旅行に行こうですとかそんな話をしていました。
10人中内定先が決まっているのが6人。他の四人も早く決まってほしい。そして皆で早く思う存分遊びたいです。


そう言えば今日こんなものを発見しました。


「わたしを炭素冷凍して!」映画『スター・ウォーズ』のあの名シーンを再現できるアトラクションが登場

 18日から米ディズニー・ハリウッド・スタジオで開催される「スター・ウォーズ・ウィークエンズ」で、ハン・ソロがダース・ベイダーの命令で炭素冷凍されてしまうという映画『スター・ウォーズ/帝国の逆襲』の有名なシーンを追体験できることが明らかになった。
 ディズニー・ハリウッド・スタジオは、ウォルト・ディズニー・ワールド・リゾートにあるディズニーパークの一つ。ディズニーパークスのオフィシャルブログによると、その名も「カーボン・フリーズ・ミー(わたしを炭素冷凍して)」体験では、自分自身が炭素冷凍されてしまったかのような約20.32 センチのフィギュアを作ることができるという。
 まずゲストは、「炭素冷凍室」と呼ばれる施設に入る。そこでは複数のカメラがさまざまなアングルからゲストの顔を撮影。4週間ほどで、自分自身が炭素冷凍されてしまったかのようなフィギュアが自宅に届けられるとのこと。気になるお値段は99.95ドル(約7,996円)で、最先端のイメージング技術を用いていることを考えれば比較的お手頃だ。(1ドル80円計算)
 また、このフィギュアは壁に掛けられるようになっているため、『スター・ウォーズ/ジェダイの復讐』のジャバ・ザ・ハット気分で自分の苦悶(くもん)の表情を眺めることもできる。これまでも「炭素冷凍」のシーンをモチーフにしてさまざまなグッズが作られてきたが、今回のアトラクションはその最たるものと言えるかもしれない。(編集部・市川遥)



これは良いですね!!!このシーンでレイア姫とハン・ソロの間で交わされる
“I love you.”
“I know.”
というやりとりのソロの台詞が僕の考える映画史上で最も格好良い台詞です。

これを超える男らしい台詞は無いと思います。
このアトラクションで撮影されるときは一人二役で上の台詞を再現しましょうかねw


さてさて。課題を済ませなきゃならないのでこの辺で失礼します。毎週課題多いです。・゚・(ノД`)・゚・。
スポンサーサイト

 

Template Designed by めもらんだむ RSS
special thanks: Sky Ruins DW99 : aqua_3cpl Customized Version】


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。