スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

CONVERGE GNフラッグ可動化2 腕

昨日はバイトの後先輩とラーメンを食べに行って、夕方から友人宅で飲みました。
僕もいれて三人でまったり話しながら飲んだのですが一人とは六、七年ぶりに会いました。

小学校の頃は仲が良かったのに中学の頃は3クラスしか無いにもかかわらず一度もクラスが同じになれませんでした。きっと小学校でわんぱく坊主だったというデータが中学に届いていて俺らのことくっつけないようにしたんじゃないかなんて話しながら六時間。会ってなかった頃のブランクを忘れるほど自然に話せて、気心の知れた地元の友人って素敵だなと思いました。

実はキックオフ飲みの前に触って以来CONVERGEさわれていないのですが、PCから取り込んだ画像があるのでそちらを使用して更新。前回書いたとおり腕の可動化をしています。

RIMG1659.jpg肘の関節にコトブキヤのジョイントを使おうと思ったのですがそのままでは幅が広すぎるので片方だけ薄くします。ヤスリをかけるには小さすぎるのでナイフでザックリと。

RIMG1660.jpg細身のフラッグの腕には軸を挿す為のスペースもほとんど無いので軸を短く・細く加工します。

RIMG1661.jpg肘をほじくります。白く見えているのはディフェンスロッド。シャープさを要求されるパーツはプラ製のようです。ディフェンスロッドを黒瞬着で先に取り付けてしまってからカットしています。

RIMG1662.jpg真鍮線を通そうと思ったら真鍮パイプだったと言う罠。カットして初めて気づくとは……

RIMG1665.jpg真鍮パイプの中に真鍮線を通して補強を図るの図。

RIMG1666.jpg何かのサーベルのランナーを削り出してサーベルちっくなものを。軟質なので極めて加工がしづらい……透明プラ板から削り出すかハンターのクリアパーツのランナーから削り出し直すかしようかな……
スポンサーサイト

 

Template Designed by めもらんだむ RSS
special thanks: Sky Ruins DW99 : aqua_3cpl Customized Version】


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。