スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

CONVERGE GNフラッグ可動化1 胴体

プラモにはさわれていませんがCONVERGEの改造は進んでます。

RIMG1638.jpg
RIMG1637.jpg
小学校の図工の時間に使った彫刻刀を再び使うことになるとは……

RIMG1639.jpg丸刃のカーブに合わせてカット。目玉のようなパーツをうまいこと切り離すことが出来ました。

RIMG1641.jpgこのパーツはどこのものでしょうか?

RIMG1644.jpgフラッグのコクピットブロックでした。関節技に置き換えて前後の可動を確保。取り付け軸で左右に回すことも出来ます。
コクピットブロックの上下に伸びる軸を上半身と下半身でそれぞれパーツ内に埋め込まなければなりません。上半身は胸パーツに比較的厚みがあるので問題はありませんが下半身には問題が……

RIMG1646.jpgパーツに厚みがないのでT字状のパーツの縦棒部分に腰の稼働軸と両足の稼働軸を仕込む必要性がありますが、スペースが全く足りないのです。

RIMG1648.jpg
RIMG1650.jpgしかし、こうして見るとこのパーツは前後には幅があることが分かります。

RIMG1649.jpgそこでこの僕の人差し指が触れている突起部分の付け根に……

RIMG1652.jpg軸の通る穴を斜めにあけます。

斜めに穴を開けることでボールの軸は「くの字」に設置される事に。これで腰ブロックに両足の稼働軸のスペースを残したまま下半身と上半身をつなぐ事が出来ました。

今は腕の可動を仕込んでいるところですが、スペースのなさがより顕著なのでアイディア無くして仕込むことは難しいですね。
スポンサーサイト

 

Template Designed by めもらんだむ RSS
special thanks: Sky Ruins DW99 : aqua_3cpl Customized Version】


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。