スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

二本連続

今日はパイレーツオブカリビアンとスーパー8を見てきました。
一日に映画館で二本見るのなんて久々ですねー。

パイレーツは映画通の友人があまり高く評価していなかったので期待半分で見ましたが、面白かったです。シリーズ恒例の足場の悪いところでの戦い、真っ暗闇な室内の中燃える炎をバックに切りつけ合う二人、梁の上で剣を交えるなど、シリーズ一昨目でターナーとジャックが初めて出会うシーンを想起させるしかけが組み込まれていて、シリーズファンには嬉しい配慮でした。
全体を通して陰影の使い方が非常に巧みな作品だなと感じました。


スーパー8はET以来のSF大作などとメディアは取り上げる割にあまり良い反応は見られませんでしたが、僕はすごく好きです。

最初数十分は要素を詰め込みすぎているように感じ、何か一つ削ったらスッキリするんじゃ無いかと思いましたが最後は上手くまとまっていたのかなと。

スーパー8はストーリーの核が予告でも公表されず、ストーリーが謎のまま見ましたがそのことがワクワク感を加速させてくれました。この宣伝戦略は非常に良かったと思います。


ここでネタバレはしませんが、ラストシーンにおける主人公の持つあるアイテムが主人公と親の行く末を暗示しているということに気がついてなるほどなと思いました。
エンドロールもお楽しみ要素が詰まっているので最後まで席を立たないことをオススメします。
スポンサーサイト

 

Template Designed by めもらんだむ RSS
special thanks: Sky Ruins DW99 : aqua_3cpl Customized Version】


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。