スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スジ彫りクリニック1

前回のヴァルキューレ、そして今回のHGUCガンダムとスジ彫りをしてきてある方の手法を参考にしながら人にオススメ出来るものを見つけたので紹介いたします。

それに伴いカテゴリ一覧に「テクニック」を追加しました。これから記事を増やしていきたいですね。




第一回目としてまず僕がスジ彫りに使うものを挙げてみようと思います。

IMG_5477.jpg


  1.BMCタガネ→これが無いと始まりません。僕は0.15mm、0.4mm、1.0mmの三種類を使い分けています。ケガキ針、デザインナイフの刃の背、エッチングノコ、Pカッターなどもスジ彫りは出来ますが一度BMCタガネを使ってしまうとよほどのことがない限りそれらをスジ彫りの用途に使う気は起きないですね。ラインチゼル、ペンライナーなどは使用したことがないので言及は致しません。

  2.ケガキ針→上でスジ彫りに使わないと言っておきながら何なんだ一体と思うかも知れませんが、僕がケガキ針を使うのはスジの始点と終点を打つ時だけです。彫りすぎ防止に役立ちます。

  3.定規→あらかじめ決めておいたスジの長さにこれを使ってケガキ針で点を打っていきます。ヴァルキューレのスジ彫りには大きな役割を果たしましたが近頃はスジ彫りにはほとんど使いません。

  4.マス目ツール→定規の役割を奪った張本人。透明のシールに等間隔のマス目が印刷されただけという極めて単純な商品ながら定規と違い曲面への追従性がある点、定規のように「基準となる箇所から何ミリにポイントを打つか逐一長さを計る」という面倒な作業を必要とせず貼るだけで済む点など非常に優秀なツール。BMCタガネ同様欠かせないツールの一つ。

  5.シャーペン→デザインをプラに直接描くのに使用。0.3mm芯。非常に細いため気が付くと折れている。替えの芯は必須。

  6.テープ各種
   a.ビニールテープ→厚みがあるためガイドとして使用。柔らかゆえ曲面への追従性高し。複数面に及ぶスジ彫りにも対応。ただし柔らかいので扱いに多少の難あり。硬さが欲しいときは二重にすることである程度対応可。単なる直線には下記bを使用し、複雑なデザインの場合にはaをデザイン通りに切り出して使用。
   b.ガイドテープ→モデリング用に作られただけあってかなり使いやすい。高い粘着力と剥がしやすさが絶妙に同居している。曲面への追従性はそこそこ。急な曲面には対応不可。
   c.セロハンテープ→何の変哲もない所謂セロテープ。ガイドに使用することは無いが、鉛筆で描いたデザインを粘着面に複写することで無限の可能性を得る。
   d.セロハンテープ(幅広)→使用機会こそ少ないがあると便利。用法は後述。


ツールの紹介だけでそこそこボリュームが出ました。明日以降また続きを書いていこうと思います。
スポンサーサイト

 

Template Designed by めもらんだむ RSS
special thanks: Sky Ruins DW99 : aqua_3cpl Customized Version】


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。