スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

名探偵コナン 沈黙の15分(クォーター)

今日はバイトの後横浜みなとみらいで「名探偵コナン 沈黙の15分(クォーター)」を見てきました。

一緒に見に行ったのはバイト先の同期と後輩です。


僕がコナンの映画を見に行くのはダ・ヴィンチコードを見るつもりで映画間に足を運んで何故かそちらを見ないで見てしまった第10作、「探偵たちの鎮魂歌(レクイエム)」以来です。今作が15作品目なので実に五年ぶり。久々でした。

以下、ネタバレあり。



























○出だしの爆破事件、重要度ひっく!!
○名前を出して「電車を止めてください!爆弾が仕掛けられています!」の一言だけで警察に15秒以内に電車を止める命令を下させることのできる新一の権力って一体……
○記者会見で「幸い江戸川コナン君のおかげで死者はゼロ」って……あの規模の爆発で死者ゼロはあり得ないだろうし、記者会見で個人名出しちゃっていいの?
○戦場カメラマンの渡辺陽一さんまさかの出演w
○渡辺さんに対するげんたの「あのおっちゃんしゃへるのおせーな」というツッコミw
○転落事故から七年を経てやっと意識が戻った冬馬君(真相の鍵を握るキャラ)、意識が回復してから一日で走り回るとか回復早すぎ!
○決壊したダムの水を止めるために飛び出したコナン君に対してダムの作業員「子供一人で無理だ!」いや大人でも無理だw
○決壊したダムの濁流に並走するコナン君。津波の勢いは時速300kmを超えると聞いたことがあるがたしかコナン君のスケボーは最大80km/hで走れるという設定のはず。
スノボーがどれだけ速いのか分から無いが(てかどんな技術で走ってるんだ?)山の傾斜を利用して仮に100km/h以上の速度を出せたとしても水流に並走できる訳が……
○相変わらずの謎の3DCG(車、ダム、森の木々……)
○雪崩に巻き込まれた湖南君を探す時、冬馬君不在w




とまぁ突っ込んではみましたがすごく面白かったです。

手に汗握りました。
最後は泣いてしまいましたしね。

今作はアクションシーンに力が入っていて、非常に見応えが有りました。

反面、引きの画では作画が雑になっていたり、所々で阿笠博士が痩せていたり頭身がやたらと高いシーンがあったのが気になりました。
そしてCGが画面上で浮いてしまっていることと並んで毎回気になるのがモブの子どもの演技力のなさ。
あれは酷いレベルです。「イノチヲタイセツニシナイヤツナンテダイキライダ」並です。

トリックは凡庸、動機も特に深いものがなく、今回は本当にアクションを楽しむコナンだったかなと思いました。

あと、あゆみちゃんの動きが小学生の女の子らしくて可愛らしかったです。


何が言いたいのか訳が分からなくなってしまいましたがそんな感想です。

おわり。
スポンサーサイト

 

Template Designed by めもらんだむ RSS
special thanks: Sky Ruins DW99 : aqua_3cpl Customized Version】


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。