スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

RING OF MEISTERS GNT0000 OO QAN[T]

先日売れ残っているのを発見して購入。リングオブマイスターズです。
サバーニャを除く三体が一つずつ残っていました。

RIMG1127.jpg

購入したのはクアンタ。fgで可動化したものをみて急に欲しくなりました。

RIMG1128.jpg

内容物。ソードビット以外は1パーツ毎に全て別々に入っています。

RIMG1129.jpg

パーツをカットする手間が無いので素早く完成。組み立てただけでこんなにカッコイイ立体物が手に入るなんて良い時代です。

RIMG1130.jpg

スタンドです。
板状のクリアパーツの組み合わせによりベースにすると言うアイディアは新しいですね。
支柱を用いない"PL-stand(Pillar Less-stand)"はタイトルにもある"R-effect(Ring-effect)"と共にこの商品の売りの一つになっています。
OOは(特に二期において)クリアパーツを意識的にデザインに取り入れていただけにOOの機体と透明パーツの組み合わせはファンにとってすんなりと受け入れられるものとなっていると思います。

RIMG1132.jpg

少し角度を変えて一枚。
パースの効いた躍動感あふれるデザインとなっています。

RIMG1133.jpg

寄って見ると目は水色で塗装されています。
各部のGNコンデンサーと合わせて緑にしないあたりにこだわりを感じますね。

RIMG1142.jpg

本体と二箇所で接続されているリングパーツ。
正面からは目立たない位置に接続箇所を設けています。

RIMG1138.jpg

僕が密かに感動したのがこれ。
ソードビットは似たような形状のパーツばかりなので混同を避けるため全てにアルファベットが振ってあるんですがそれがこの様に非常に浅く彫ってあるんです。
その為パーツ確認を果たす為の最低限度の役割は果たしながらも組み立て後の美観を損なわない工夫がなされていると言うわけです。
この心配りは評価されるべきだと思います。

RIMG1135.jpg

塗り分けは正確ですがこの肩の白い部分だけ少し残念。塗り分けのラインは筋ボリが施されているのにそこをはみ出していました。青の上に隠蔽力の低い白ですので仕方無いですが下地の色が透けてしまっていますねー。また表面がデコボコしていてたのもマイナスポイント。
とはいえこれは個体差ですので許容範囲です。

RIMG1136.jpg

下から。膝関節を見ても分かるように見落としがちな関節部にもモールドが施されており隙の無い造形です。

RIMG1134.jpg

リングの接続を説明する写真にも映っていますが左手です。
小さくても怖るべきディテール……フェティシズムすら感じさせる美しい手です。




と言う訳でRING OF MEISTERS よりGNT0000 OO QAN[T]でした。

総評:
上記のもの以外に不満点を挙げるとすればクリアパーツの色が薄い点、GNコンデンサーの色が濃過ぎる点、更にはこの二つがお互いの色の濃さ、薄さをより感じさせる点くらいで他は不満点などありません。

固定モデルはケレン味を出す為に各部のプロポーションを大きくいじるばあいもありますがこのキットはそれがすごく抑えられております。
fgに可動化した作品がアップされていることは既に述べましたがその作品を見てもどんなポーズを取らせてもしっくりくるのが分かります。
このポーズをとる為に各部を大胆にアレンジするのでは無く形状をいじらなくとも取れるポーズの中で最大限に躍動感を感じさせるものを選び抜くそのセンスに脱帽せざるを得ません。

各部のモールドもシャープです。

もう品薄でしょうが見掛けたら確保して見てはいかがでしょうか?買って損は無い商品です。
スポンサーサイト

 

Template Designed by めもらんだむ RSS
special thanks: Sky Ruins DW99 : aqua_3cpl Customized Version】


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。