スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

もでりんぐ復帰(CW-7)

只今移動中のため画像はありませんがお付き合いください。



今日から早速モデリング再開!

あいかわらずコマンドウルフの細部を煮詰めています。

一年前に作ったものなので今見ると手抜き箇所が目立ちます(-_-;)

よくモデラーの方が「過去の作品は粗が目立つから見られたく無い負の遺産」なんてことをおっしゃりますよね。
少し前までは「自分で作った作品なのにそんな事言うなんて作品を愛していないのかしらん」などと思っていましたがその気持ちがわかった気がしました。

まぁ気にいらない所があったら修正すれば良い訳でどんどん修正して行きますよー!

トミー版ゾイドは盛大な合わせ目が出るのは仕方の無い事ですが、コマンドウルフは古いキットなので合わせ目を頂点に山形になっていたり金型の劣化からエッジが潰れていたりとなかなかひどい有様。

それなのに去年の僕は合わせ目をちゃんと消していなかったようで随所に(消すための努力はしたものの)消し切れていない合わせ目が……更に合わせ目を消すために邪魔なディテールを取り去ったのに、そのディテールを復活させていなかったためひどく寂しくなってしまった箇所も……

本来なら全部消し直す方が良いのですが今回は時間も押してきたので目立たないように周囲をディテールアップする作戦でいきます!

買い込んだコトブキヤのモデリングサポートグッズ(MSG)やWAVEのディテールアップパーツからどれを使うか選び出すのも楽しいです(^ω^)

でもMSGはノズルパーツのフチが厚かったり意外とそのままは使えないかも(^_^;)
と言うかそのまま使うより手を加えてから使った方がより見栄えがよくなるかなと。
密度を上げるためにディテールアップパーツを使用しているのにそれを精度が低いまま使っては意味が無いですからね。

メタルパーツが流行っている昨今のモデリング界ですが、その裏にはそんな理由があるのかも知れません。


ではそろそろ友人宅に着くのでこの辺で失礼いたします。
スポンサーサイト

 

Template Designed by めもらんだむ RSS
special thanks: Sky Ruins DW99 : aqua_3cpl Customized Version】


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。