スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ルシファー素組み

先日購入したルシファー素組みしました!



背中の翼はつけていないんですけどね。

いやはや、それにしても格好良いですね~。
何と無くLBXはダサ格好良さみたいなのがあったと思んですが、オーディーン辺りから素直に格好良いと思える機体が増えた気がします。
ルシファーは主役機すら食ってしまうくらい良いデザイン。お気に入りです^^



得物の柄が長いので両手持ちも可能。ちょっと苦しいですが。




うちおとっせなーーーい!
を意識してみましたが、今ひとつ(笑)

もうちょい可動範囲が広いと良いんですけどね~。
スポンサーサイト

ダンボール戦機W 21話「史上最大の特訓」

朝ごはんを食べながら昨日記事にしたダンボール戦機の続きを観たのでその感想を。

以下、ネタバレ注意。

ハンター完成

ハンター完成しました!


ゲート処理も表面処理も塗装もせずに組んで50分。手の遅い僕で50分なので早い人なら30分程度で組めるのでは?

CMで高性能プラモデルと謳われていますが、まさしくその通り。
全パーツタッチゲートなのは知っていましたし、組み立てる部位毎にパーツがランナーに配置されているのも知っていましたが、それ以上に驚いたのはPCの組み方。
組み忘れが無いようにポリパーツをプラとプラの間に挟むような分割はほとんど無く、PCを差し込んで可動を仕込むというプラモ慣れしていないライトユーザーを意識した構成で、信じられないくらい組みやすい!

四肢はフレームがオールPCでその上にプラの外装をかぶせて行くタイプになっていて、最初は慣れないなと思いましたが保持力も良好でかなり優秀です。
首はBJ二重関節、肩は軸関節とBJの組み合わせで可動範囲は及第点。
腰が軸関節なのは惜しいですが共有パーツなので目をつぶれます。

誰にでも組めるようにしようと言う開発者の意図が伝わって来て、非常に好感が持てます。メーカーのこう言う姿勢は消費者に伝わりますよ。







キットと言うよりハンター本来のデザインについて言うと、横に広い顔と下半身とはアンバランスなほどボリューミーな上半身が僕の好みではありません。

今後改造する際はその辺を重点的に。

恵まれ過ぎているくらいの好キットのハンターでした!

 

Template Designed by めもらんだむ RSS
special thanks: Sky Ruins DW99 : aqua_3cpl Customized Version】


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。