スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

FORMANIA ガンシップ

そう言えば発売したばかりの頃某氏に代理購入をしていただいて入手していたのですが紹介していなかったの紹介します。
フォルマニアのガンシップです。
ナウシカファンからすれば歓喜ですよこれは!

GS01.jpgパッケージはこんな感じ。高級感のある箱です。

GS02.jpg扉を開けるとそこにはブリスターケースが!
買う前に中が見れるのはハズレを回避できるので非常に良いと思います。

GS03.jpg全体図。
もっと良い写真が撮れただろうと数ヶ月前の自分に言ってやりたいです。iPhoneカメラによる撮影なので画質もイマイチです。

GS04.jpg小さいながらもスタンドが付属。
本体側に穴が空いている訳でも無くスタンドには乗せるだけ。アクションを決めるための「動」のスタンドでは無く、置くことでディスプレイの質をあげる「静」のスタンドと言ったところでしょうか。

GS05.jpg前方のコクピットのキャノピー開閉。

GS06.jpgこの商品独自のアレンジとしてこの翼が挙げられます。これが……

GS07.jpgガバッ!
何と可変翼を採用しているのです!しかも開いたウィングのブロックの間は透明な膜が張るようになっています。
この膜は透明度が高いながらもシャボン玉のように見る角度によって色彩を変えるため、
見た目にも非常に美しいのが特徴。

GS08.jpg
GS09.jpg翼後部のフラップも可動します。

GS10.jpg
GS11.jpgランディングギアも可動。ボディ側面も開閉します。エアブレーキ?

GS14.jpg
GS12.jpg機体後部のランディングギアも可動します。隙が無いです。

GS13.jpgここにワイヤーを掛けてメーヴェをつないでいたんですね……
サブコックピットのバーをもぎ取ってワイヤーを伝ってメーヴェまでたどり着くシーンは姫姉様の行動力を象徴する大好きなシーンです!

GS15.jpg

最後に正面から。主砲デカっ!そして主砲の真上がコックピットって恐いですねf^_^;)




総評

各部形状、手動ギミックの多さは素晴らしいものがあります。

難点をあげるとすれば塗装。
重厚感が全くありません。劇中、風の谷のガンシップは銃弾を軽々と弾いたり、剛性が高い描写が多くあったのでそのキャラクター性を上手く再現で来ていないかなと思います。

そして重厚感と合わせて足りないかなと感じたのが酷使されたような雰囲気。ナウシカの世界観は産業文明が荒廃しエンジンなどを作る技術を失った世界で、人々は数千年前の機械を大切に使っているという設定。なのでもっと使い込まれた感じの出せる塗装がなされていればなと思いました。

しかしウォッシングやドライブラシと言ったお馴染みの表現でお手軽に重厚感、使用感は出せるので時間のある時にでもやってしまおうと思います。


とにかくアレンジさえ受け入れられれば個人的に形状は文句の無い出来だと思います。
値段は定価10500円と少し高めですが、ナウシカファンなら買って損は無いですよ!
見かけたらぜひ購入を!( *`ω´)
スポンサーサイト

片付け継続中

まだ片付けが済まない我が部屋。
そこかしこから出てくるゾイド離れをした人から受け取ったジャンクや組済みゾイドの山!
見つけるたびにこのパーツ使えるなーとか、こいつやっぱりカッコいいなーなんて思って手が止まる止まるw

ゾイドばっかり胃もたれを起こしそうですf^_^;)

horidashi02.jpg

これを久し振りに出しました。
ボイスコマンドモデル、メタビーです。

メダロット魂が放映された当時発売されたもので、メダロッターの証メダロッチで司令を出すと移動、腕を上げる動きに連動して右腕からヒューザーを、左腕からはブラスターをスプリングの力で発射、頭部のバリスタが光って発射を再現……というなかなか盛りだくさんのアクションを備えています。

市場価格はネットで調べたら税別6980円だったそうです。
僕は高校一・ニ年生の時に中学校のバザーで700円で購入しましたw

箱付きの完品がブルーシートの上に二つ並んでいたのを覚えています。
せっかく買っても弾とメダロッチを紛失するという痛恨のミスをしでかしましたがorz

結局一度も動かすことなくメダロッチを無くしてしまったのでどんなアクションをするのか見たことがありませんw

horidashi01.jpg

これは先日購入したゲーム特典のヘルキャットノワール。
1000円は安い!

nitijou01.jpg

何の関係もないですが大学の新学期が始まって友達と入ったお店で食べたタコライス。
沖縄で食べたタコライスより美味しかったですw





コンペ二つもあるのに、ランナー状態で受け取ったジャンクパーツをランナーからばらしている時にフラッグの改造に使えるパーツを見つけてしまいました。
フラッグ隊に加入したのでこちらも是非とも完成させたいんですよねー。どうしましょうかねー。何から手をつければ良いのやらf^_^;)

FW GUNDAM CONVERGE レビュー6

コンヴァージレビューファイナル。


11 MS06 ZAKUⅡザクⅡ

RIMG1167.jpg

ザクは小隊を編成してなんぼです。一つのカートンにはザクは二つしか入っていないので小隊を編成をしたい人は一箱別に買い足してください。

RIMG1171.jpg

正面から。なんだかサルみたいな顔だなぁと常々w
初めて見たときから「これじゃない感」があったのですが、恐らくこれはパイプが湾曲している点が大きいと思います。
湾曲したパイプはグフの特徴。にも関わらずザクがこの特徴を備えているため、コンヴァージのザクはこれじゃ無い感が漂うのでは無いかと思われます。
左肩のスパイクアーマーは小さすぎ、また本体からも肩からも浮いてしまっています。これは一番のマイナスポイントです。
ザクマシンガンは寸詰まり感がしないわけではないですが、SDであることを考えれば可愛いアレンジかと思います。

RIMG1170.jpg

後ろから。全体とバックパックの大きさのバランスがいいと思います。塗りが甘いのが残念ですが膝裏に露出するフレームの塗りわけが成されているなど、かなり細かく作られていますね。

RIMG1172.jpg

左右から。肩のシールドの大きさは良いかと思いますがスパイクアーマーはやはり小さいですよね……

RIMG1169.jpg

ヘルメットを外すとこんな感じ。頭部の中央に突起があり、モノアイを左右に振れます。

RIMG1168.jpg

モノアイが左右に睨みをきかせているのが分かるでしょうか?
小さなギミックですが視覚的な効果はかなり大きいです。

RIMG1174.jpg

何見てんだゴルァ(-_-#)

RIMG1173.jpg

後ろから光をさしてみる。
格好良いです。モノアイをラピーテープにするとこんな風に光を浴びていても目立って宜しいかと思います。







まさかのレビュー2連続!



12 MS07B GOUF グフ


RIMG1177.jpg

正面から。このグフもこれじゃない感が強いです……何なんだろう?アンテナの長さ?
本体に被るように取り付けられた肩のスパイクアーマーがグフを表す記号の一つではないかと思うんですがそれが小さすぎるのも宜しくないですね。
デフォルメされているので仕方ないとはいえ、シールドが小さすぎる気がします。二周りは大きくて良い気がします。

RIMG1178.jpg

左側から。こちら側から見ると不思議とシールドの大きさもちょうど良い気がしてきます。


RIMG1179.jpg

後ろから。グフの厳ついイメージが良く表れています。

RIMG1180.jpg

右から。剣はもう少しメリハリのある形にして欲しかった……ほとんど直線で形状に面白味が無いです……

RIMG1181.jpg

頭部をアップで。パイプに施されたモールド、ブレードアンテナにこっそり施された凸モールドなどなかなか精密。こうして横から見るとかなり出来が良いように思うんですが全体として見るとこれじゃ無い感が……
全体のバランスがいかに大切かということを思い知らされました。

RIMG1182.jpg

腰を突き出して立つこのポーズがなかなか良いです。
パイプの湾曲具合が弱いのが見てとれますね。





ここから比較タイム!


RIMG1183.jpg

グフとザクの違いを見ていきましょう。
ふくらはぎが複雑な形状をしているのがグフの特徴ですが、うまく表れていると思います。
グフは肩幅が広く、ウエストが締まっています。これは僕のイメージするグフの体型とは違いますね……原型師の意図が表れている部分だとは思いますが、正直僕は好きじゃないです。

RIMG1184.jpg

腕を外して見ると意外な違いが。グフは本体側が凸、ザクは本体側が凹となっています。

RIMG1185.jpg

接続部周辺のモールド。かなり細かくモールドが彫られていて、このサイズのものとしては素晴らしい精密感だと思います。

RIMG1186.jpg

後ろから。グフは陸上での機動力を増した機体ですが、そのグフの方がザクよりもバックパックが小さいというのが面白いですね。
またグフはザクと比べてパイプのカーブがキツく、角ばっています。これはグフのキャラクターを良く表していると思います。

RIMG1187.jpg

ヘルメットを交換してみました。ザクのほうが頭が大きいようで、グフの体にはザクの頭が入ってくれました。
カ、カッコワルイ……

RIMG1188.jpg

ヘルメットの比較。グフの方がモールドがスッキリしています。
パイプのカーブの違いもよく分かるはず。
グフの頭部からクチバシにかかるラインがカクカク。これは好きではないです。曲線でスムーズにつながって欲しいところです。


総評としてはザク、グフともに多くの人が自分のそのMSの像を頭の中に確たるものとして持っているため好みが大きく分かれると思います。

全体的に嫌いではないですが、部分部分でかなり僕の好みではない部分がありますね。





RIMG1166.jpg

コンヴァージのレビューも終わったので全員集合。
長かった……orz

FW GUNDAM CONVERGE レビュー5

今日は撮影して先輩に渡す記念品のアルバムを作成。
19日が送別会なのに丁度その会の時間が予定停電の時間とバッティングする為どうなるのか分かりません……

今日は久しぶりのコンヴァージレビュー。

扱うのはZガンダムです。

RIMG1214.jpg

前後のショット。
アンテナ長すぎてバランス悪いなーって思ってたんですが実物を目にしたら格好良いです。
実物の持つ魔力と言いますか、やはり実物が一番ですね。
胸ブロックの形状などかなり上手くSD化されています。
縮んだ頭身に反して長くアレンジされたテールスタビライザーが上手く全体のバランスをとっています。

RIMG1215.jpg

元のデザインの通り長いビームライフルが良いですね。
ZガンダムのビームライフルはMS形態とWR形態で伸縮したり、ロングビームサーベルとしての運用も可能など高性能機Zガンダムを支えた武装なだけにこの武装が格好良くデザインされているのは高く評価したい点です。
シールドも先端が鋭くデザインされていて、Zの持つシャープな印象を損ねること無くSDアレンジされています。

RIMG1218.jpg

この時代のMSのシールドは格闘兵器としても用いることが出来るように先端が尖っているものが多く登場しましたがSDにアレンジされてもしっかりと再現されています。

RIMG1216.jpg

アンテナ基部の刻印もしっかり。
ん?右側は何かおかしいですね……

RIMG1217.jpg

隈取りがズレてる……寄って見ると目立ちますね……

RIMG1204.jpg

リゼルもの頭部にもしっかり刻印されています。

RIMG1213.jpg

勿論ジェガンも。


この辺りの細かいところをしっかりしていると格好浴見えますよね。
細部にこだわると全体の完成度が上がるのは完成モデルもプラモデルも同じですね。



今回のコンヴァージレビューは以上です。
あとは残すところザクとグフの両ジオンモビルスーツのみです。

モデリングはコンパウンドによる磨き上げの一段階目を終えたところ。
なかなか効果が見えないのですが大丈夫でしょうか?
今回は細目で磨いただけなので次回は極細目で磨き上げようと思います。

と言っても明日はアルバム作成の佳境なので進まない気がしますねー。モデリングしたい。

FW GUNDAM CONVERGE レビュー4

昨日の夜と今日バイトに行くまでモデリングしてました。
久々のモデリング、すごく楽しかったです。

勉強を始めると20分で集中力の切れる蒼人ですがモデリング時の集中力はバッターボックスに立つ野球選手のそれに勝るとも劣らない……ってそれは言い過ぎですけど。

限られた時間でのモデリングですので写真をPCに上げる時間がもったい無い。そう言う訳ですので写真は無し。明日か明後日にでも写真をアップします。今回はコンヴァージのレビューです。



09 RGM89-D JEGAN ジェガン

RIMG1208.jpg

フロントビュー。バルカンポッド、シールドと左側にボリュームが偏って見えてそれがまた良いです。

RIMG1209.jpg

左から。このシールドのデザイン凄く好きです。

RIMG1210.jpg

後ろから。ジェガンのバックパックは大きなバーニアが一つドン!と据えてあるのが男らしいですよね。凄く好きです。
同じくバックパックに巨大なバーニアを持つ機体にヅダがいますが、ヅダの後姿はいかにも実験機のようで危なげな印象を受けます。
一方ジェガンの後姿は量産機として完成型を探求して行ったらこの形になったのだと思えるほどまとまったデザインだと思います。

RIMG1211.jpg

右側から。元々ライフルのバレルは長く無いのでSDになっても違和感が無いですね。

RIMG1212.jpg

左右で形状の異なるサイドアーマーもしっかり再現されています。

RIMG1207.jpg

コンヴァージは組み立て後は一部隠れてしまう肩の取り付け軸周辺も凝ったデザインが施されているのですが、ジェガンはその部分が適当です……
リゼルと比較するとその差が顕著です。何ですかこの差は……

RIMG1190.jpg

ロンドベル隊揃い踏み。デルタが欲しいところですね。




総評
ジェガンは元々好きな機体ですがこのアレンジはすごく好みです。
左右のサイドアーマーの差異を再現するなど細部へのこだわりが感じられるだけに、胴体側面にある肩の根元のモールドのあっさり具合が気になります。
リゼルとの比較画像をみてもらえばわかると思いますがジェガンはグッと腰を落としたポージングをしており、そこもまた格好良いと思います。
1カートンに一つしか入ってないためレアリティは高めですが、かなりオススメです。

 

Template Designed by めもらんだむ RSS
special thanks: Sky Ruins DW99 : aqua_3cpl Customized Version】


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。